急いで引越しする際の注意点

「やな思い出」にならない引越しをするために!

引越しをする私自身が、新しい土地でわやかなスタートを切るため「やな思い出」にならない引越しをするために!

 

@はじめに

 

電話をかけるときは、気持ちにゆとりをもって

 

業者は「先約様優先法人様優先繁忙期ものが多い」このような単語は、軽々と言います。

 

なるべく聞きたくないけれど、オペレーターが、上司などに注意される環境もシステムも無い。

 

人生、さまざまな理由があるから、「急いで引越たい」

 

というお客の事情は、気にしてもらえないとはじめから、知っていたほうがいいです。

 

意外なことに、一般のカスタマーセンター並の時間帯以外は、通じません

 

A見積訪問見積日、 お部屋は片付けて!

 

大きく分け2つあります。訪問見積又は訪問なし見積訪問なしでは、電話で、荷物の量や大きさの確認があります。

 

訪問見積もりでは、なるべくものが少ないという印象を受けるほうがよいです。

 

B最後にわたしも頑張る

 

壊したくないものは、出来れば、自分で運ぶか別の方法を。

 

壊したくないから、お金を出して、引越業者に頼む。正当な理由ですが、うまくいかない場合も。

 

このことに、こだわって、大切なものが、壊れたら損するのは、貴方です。

 

また、耐久年数を超えたものを運ぶとき、壊れることもありますので、頭のかたすみに。

 

たとえば、長年重い本をのせていた木製棚。角や板が思いのほか傷んでいたりするものです。

 

壊れそうでないもの壊れそうなもの見極めておくのがいいですね。